高校時代に予備校に通いました

友達もできました

絶対に行きたい大学 : 予備校の授業はとてもわかりやすく : 友達もできました

私と同じ大学を目指している友達もできました。
その友達はいつもトップの成績をとっていて、優秀なクラスにいました。
いつかその友達と一緒のクラスに入ってやる、という気持ちをもって頑張りました。
予備校に通いはじめて数ヶ月で、私は毎週行われるテストでいい点数をとることができるようになり、一番成績の悪いクラスから優秀な成績のクラスに入れるようになりました。
また行きたい大学の判定もD判定からA判定をもらえるようになりました。
本当に嬉しくて仕方がありませんでした。
高校の先生にもとても驚かれました。
この調子でいったら、確実に入りたい大学にはいることができるようになるといわれました。
そして一年後私は高校2年のときに落ちてしまった成績を戻し無事に行きたい大学に合格することができたのです。
本当に嬉しくて飛び上がってしまいました。
高校1年のときから入りたいと思っていた大学に無事にはいることができて嬉しいです。